/

この記事は会員限定です

首相、外国人の土地取得規制検討表明 防衛施設周辺

[有料会員限定]

安倍晋三首相は22日の衆院予算委員会で、自衛隊の重要施設周辺の土地取得を制限する仕組みを政府・与党で検討していく考えを表明した。外国人や外国資本の周辺土地の所有に歯止めをかけ、安全保障上の懸念を払拭するためだ。土地取得で国籍の差別をしない世界貿易機関(WTO)協定に抵触する可能性もある。自民党は安全保障と土地規制に関する特命委員会を新設し、25日から検討作業に着手する。

首相は予算委で「防衛施設...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り770文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン