/

維新・松井氏「個別政党と組みたいとは思わない」

新グループ形成を強調

地域政党「大阪維新の会」(代表・橋下徹大阪市長)の幹事長を務める松井一郎大阪府知事は22日の定例記者会見で、「どこかの政党と組みたいとは一切思っていない。皆さんが結集するための接着剤的な役割を果たしたい」と述べた。維新が国会議員を5人以上集めて政党化する場合は、超党派で政策が一致するグループを形成する考えを強調した形だ。

橋下氏、松井氏とみんなの党の渡辺喜美代表は20日に大阪市内で会談。松井氏は渡辺氏に「維新の政策を実現できる新しい政治集団をつくろう」と呼びかけたことを明かした。渡辺氏は「みんなの党は立党の精神に政界再編を掲げている」と応じたという。

ただ、松井氏は会見で「みんなの党とは政策は近いが、みんなに参加していないグループもある。みんなの政策を実現しようという動きは広がっていない」とも指摘。政党化に際してみんなの党に合流することには否定的な考えを示した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン