2019年3月24日(日)

自民幹事長、TPP「関税撤廃品目検討結果は非公表」

2013/10/22付
保存
共有
印刷
その他

自民党の石破茂幹事長は22日の記者会見で、環太平洋経済連携協定(TPP)交渉をめぐり、コメなど重要5項目586品目のうち関税を撤廃できる品目がないか党で検証していることについて、検討結果を公表しない考えを明らかにした。

重要5項目を含む関税撤廃候補の検証作業は同党TPP対策委員会の西川公也委員長と内閣府が進めている。11月中旬までに結論を出す予定だ。

石破氏は会見で「何百にもわたる品目の検討結果をオープンの場で議論すれば交渉そのものが成り立たない」と指摘。「日本だけが公表すれば日本の交渉力は恐ろしく減殺される。国益確保にならない」と強調した。

「全体として一票を投じた方々が自民党が公約を守ったと認識する結果は出していかなければならない」とも語った。重要5項目を聖域とした党の決議などを踏まえて交渉するよう、政府に求めていく考えを示した。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報