/

議員定数削減、週明け審議入りを 民主当選1回議員が申し入れ

民主党の石津政雄氏ら衆院当選1回の議員15人は22日、城島光力国会対策委員長と国会内で会い、衆院の議員定数を2段階で80削減する内容を盛った同党提出の衆院選挙制度改革法案を週明けから審議入りするよう求めた。

石津氏は「増税前に身を切る改革を示すことは国会議員の義務だ」と強調し、26日に予定する消費増税を柱とする社会保障と税の一体改革関連法案の衆院採決前に審議入りすべきと主張した。城島氏は「最大限努力する」と答えた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン