生保、外債・株式シフト 高利回り資産に的

2014/4/23付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

生命保険会社が外国債券や株式、不動産など利回りが高い代わりにリスクも高い投資を増やし始めている。日本生命保険が2014年度に為替差益を狙った外債投資を1000億円規模で増やすほか、富国生命保険も6年ぶりに日本株の運用を増やす。長期金利が下がり、国債だけでは契約者に約束した運用利回りを得られない「逆ざや」となる可能性があるためだ。生保が外債を買うため円を売ってドルを買う動きが強まれば、円安要因とな…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]