幸福度、日本21位に低下 「生活の満足度」低評価
OECD指標、36カ国中

2012/5/22付
保存
共有
印刷
その他

経済協力開発機構(OECD)は22日、国民生活の幸福度を評価した「より良い暮らし指標(ベター・ライフ・インデックス=BLI)」の最新版を発表した。日本は36カ国中21位(2011年は19位)。「安全」や「教育」で最高水準だったが、「仕事と生活の調和」や「生活の満足度」などの評価が低かった。

BLIは国内総生産(GDP)に代わる国民の豊かさを測る指標として、昨年から発表。今年は加盟34カ国に非加盟のロシアとブラジルも加えて指標を算出した。トップは昨年に続きオーストラリアで、ノルウェー、米国が続いた。

日本は11の評価分野のうち「安全」が調査対象国でトップ。犯罪に巻き込まれる人の少なさなどが評価された。2位の「教育」は学歴や読解力の評価が最高水準だった。

評価が34位に沈んだ「仕事と生活の調和」は、週に50時間以上働く人が29.5%に上ったことや、1日のうち余暇や睡眠、食事に充てる時間の割合が60%とOECD各国平均(64%)を下回ったことが響いた。「生活の満足度」は、国民が10段階で採点した平均値が6.1点と各国平均(6.7点)より低かった。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]