2019年2月20日(水)

海水中断「炉への影響に大きな違いなし」 専門家

2011/5/23付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

福島第1原発1号機への海水注入の中断について沢田隆・日本原子力学会副会長は「既に燃料が溶けていたのなら原子炉への影響に大きな違いはない」とみる。東京電力のデータでは12日午前7時前には燃料が溶け落ちる炉心溶融(メルトダウン)が起きていたとみられる。海水の注水中断はその12時間以上後だ。

海水が中性子の速度を落として核分裂反応を起こしやすくする減速材として働き、再臨界が起きる可能性はゼロではない。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報