/

イスラエルで特許審査短縮 特許庁が合意

特許庁は22日、イスラエル特許庁と、特許の審査期間などを相互に短縮する「特許審査ハイウエー」制度の導入で合意したと発表した。日本企業にとっては、すでに国内で認められている特許をイスラエルで出願する場合の時間が短縮される利点がある。

3月1日から利用できる。イスラエルでの審査待ち期間は平均で約3年だが、合意により3カ月程度になる見込み。

日本はすでに、米国や中国などとの間で同制度を締結済み。イスラエルを加えると21カ国・機関となる。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン