/

この記事は会員限定です

法科大学院を実態調査 司法試験合格3000人目標検証へ

総務省、年内にも報告書

[有料会員限定]

総務省は行政評価の一環として、4月から全国に74ある法科大学院の半数以上を抽出し実地調査する方針を固めた。司法試験合格率が低いことや合格しても就職が難しいなどの実態を踏まえ、合格者数を「年間3000人」とした政府目標が現状に合っているかを検証する。同省は司法制度改革の柱である法曹人口拡大などの見直しにつなげたい考えだ。

片山善博総務相が24日に江田五月法相、高木義明文部科学相に調査の方針を伝える。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り327文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン