/

この記事は会員限定です

武器禁輸の原則転換 政府見直し案、安保に有用条件

[有料会員限定]

政府は武器と関連技術の海外移転を原則として禁止する「武器輸出三原則」に代わる新原則の概要を固めた。国際共同開発などのように「日本の安全保障に資する場合」に輸出を認めるのが柱。これまでは一部を例外として輸出してきたが、今後は国家安全保障会議(日本版NSC)などで厳格に審査し、一定の条件を満たせば輸出を認める「管理方式」に転換する。

政府は3月にも与党との調整を本格的に始め、閣議決定する。現在の三原則...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り647文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン