/

地方組織、党内結束求める 民主党、全国会議で

民主党は22日、都内のホテルで全国幹事長会議と全国政策担当者会議をそれぞれ開いた。出席した都道府県組織の代表から消費増税関連法案をめぐり「反転攻勢に向けて国会議員が一枚岩になるべきだ」などと党内対立への不満から結束を求める声が相次いだ。

小沢一郎元代表のグループなど増税反対派の行動について「党で決まった結論に従わない場合は処分すべきだ」との意見も出た。輿石東幹事長は「重く受け止める。決めたことを守るというのはもっともだ」と語った。

増税方針を掲げる野田政権にも「他にやらないといけないことがある」として、国会議員の定数削減など自ら「身を切る」取り組みの必要性を指摘する声があがった。

関西電力大飯原子力発電所3、4号機の再稼働については「感情的に受け入れは難しい」「安全が担保されているのかについてもっと説明してほしい」などの慎重論が出た。前原誠司政調会長は「脱原発依存の方針には変わりはない。国民に丁寧な説明をしたい」と語り、政府の再稼働方針に理解を求めた。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン