中小の人手不足、「リーマン」前の高水準に

2012/12/23付
保存
共有
印刷
その他

中小企業の人手不足が強まっている。財務省・内閣府がまとめた10~12月期の法人企業景気予測調査で、人手が「不足」と答えた企業の割合から「過剰」を差し引いた値が中小企業は10.3ポイントとなった。2007年10~12月期以来の高水準で、リーマン・ショックで雇用情勢が大幅に悪化する以前の水準に戻った。

人手不足が強まっているのは非製造業で11.9ポイントと07年7~9月以来の水準だった。介護・医療など構造的な人員不足が強まっている。「企業は高い技能を持つ人材を求めているが、足りていない。サービス業では需給のミスマッチが顕著」(第一生命経済研究所の熊野英生首席エコノミスト)

一方、大企業は2ポイントの不足超過にとどまる。欧州危機で世界的な需要が落ち込み、製造業での過剰感が強いためだ。大企業ではマイナス6.9ポイントと、金融危機の余波が残る10年1~3月期以来の過剰超過幅となった。電機業界が国内で人員削減を進めている影響も出ているようだ。

法人企業景気予測調査は四半期に一度実施。今回は全産業全規模で1万2366社が回答した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]