参院選投票率52.61%、過去3番目の低水準
総務省発表

2013/7/22付
共有
保存
印刷
その他

 総務省は22日午前、参院選の投票率を発表した。選挙区、比例代表ともに52.61%で確定。いずれも2010年の前回を5.31ポイント下回った。選挙区では1995年の44.52%、92年の50.72%に次いで過去3番目に低い水準にとどまった。

 選挙戦が盛り上がりに欠けたことが要因とみられる。各都道府県選挙管理委員会によると、群馬、岐阜、愛媛など10県で参院選の投票率として過去最低(補欠選挙を除く)を更新した。

 地域別の投票率は沖縄県を除くすべての都道府県で前回を下回り、最高は島根県(60.89%)、最低は青森県(46.25%)だった。富山県(14.63ポイント減)や山口県(11.56ポイント減)など5県では前回と比べて10ポイント以上の大幅減となった。

 20日までの期日前投票は、国政選挙に導入された2004年以降、投票制度が広く有権者に周知されたこともあり、過去最多の1294万人に上った。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 2:00
2:00
東北 10:46
2:00
関東 2:00
2:00
東京 18:54
16:26
信越 1:00
1:00
東海 22:00
21:45
北陸 19:26
18:47
関西 20:30
18:47
中国 10:50
10:30
四国 20:16
2:00
九州
沖縄
21:30
21:19

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報