/

閣議の議事録、初めて公開 NSCにも作成義務

(更新)

政府は22日、首相官邸のホームページに4月1日の閣議と閣僚懇談会の議事録を公開した。1885年の内閣制度の発足以来初めてで、今後は3週間後をメドに定期的に開示する。

議事録によると、安倍晋三首相は同日からの消費税率の8%への引き上げについて「国民の理解と協力を得るため、意義の丁寧な説明とともに、転嫁対策や予算の早期実施等について政府一丸となった対応をお願いする」と指示。閣議決定した武器輸出新原則に関して、小野寺五典防衛相らが「防衛装備・技術協力をより積極的に進めることを通じ、地域の平和と安定を維持する」などと語った。

稲田朋美行政改革相は22日の閣議後の記者会見で、政策ごとに開く閣僚会議の議事録作成を義務付ける方針を示した。国家安全保障会議(NSC)も対象。公開・非公開は各府省庁に委ねる。閣僚会議は現在、172ある。NSCを含め28の会議が議事録を作っていない。発言者名が抜けているなど内容が不十分なものを合わせると58にのぼる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン