/

この記事は会員限定です

論文、医療機構が検証 STAP細胞問題踏まえ

[有料会員限定]

政府は2015年4月設置を目指している「日本医療研究開発機構」(日本版NIH)にずさんな研究論文をチェックさせる方針だ。データの不正使用が指摘された新型万能細胞「STAP細胞」論文の問題を踏まえ、研究機関や大学による個別監視では不十分と判断した。研究開発が適正か、政府と研究機関側が点検できる体制を整える。

米国立衛生研究所(NIH)を参考に設置する同機構は日本の医療研究の司令塔と位置づける組織で、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り352文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン