自動車取得税、「将来の廃止」明記 13年度税制大綱

2013/1/22付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

政府・与党は2013年度の税制改正大綱に自動車取得税の「将来の廃止」を明記する方針を固めた。14年4月からの消費増税に伴う購入者の負担を和らげるのが狙い。13年末までに制度の詳細を詰め、14年度以降に実施する。ただ、税収減を穴埋めする財源確保などの議論は詰まっていない。調整は難航する可能性もある。

取得税は都道府県の収入となる地方税で、自家用車の購入時に、車両価格の原則5%が課税される。12年度…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]