/

蓮舫行刷相「最優先は予算案の成立」都知事選出馬を否定

蓮舫行政刷新相は22日の閣議後の記者会見で、4月の東京都知事選への対応について「私の立場で最優先しなければならないのは、来年度予算案の一日も早い成立だ」と語り、自身が立候補する考えのないことを改めて強調した。ただ、民主党から出馬要請があった場合の対応を聞かれると「センシティブな話なので仮定の問いには答えない」と述べるにとどめた。

民主党の対応としては「当然戦う姿勢を示すべきだ」とし、党の独自候補を擁立すべきだとの考えを重ねて示した。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン