/

日中韓投資協定を承認 参院

日本、中国、韓国3カ国の間で外国企業による投資活動への規制を緩める日中韓投資協定は22日午前の参院本会議で全会一致で可決、承認された。3カ国による経済分野での初の法的枠組みで、知的財産権の保護規定などを盛り込む。国内手続きを済ませた韓国に加え、中国の手続きが終われば今年度中にも発効する見通しだ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン