/

この記事は会員限定です

原発賠償、移住も支援 住宅購入の補償額積み増し

文科省審査会が指針原案

[有料会員限定]

政府は東京電力福島第1原子力発電所の事故で避難した住民の移住支援に踏み込む。文部科学省の原子力損害賠償紛争審査会は22日に示した追加賠償指針の原案で、避難者が新しい家を買うときの補償額を積み増した。事故から2年半たっても帰還か移住かを選べない避難者に選択肢を示し、復興の加速につなげる。移住の後押しを求めた与党とも歩調を合わせる。

政府と東電は被災者への賠償をこれまで早期の帰還を前提にしてきた。新...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り840文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン