/

この記事は会員限定です

原発の安全審査要員を倍増 規制庁方針、14年度に

[有料会員限定]

原子力規制委員会の事務局である原子力規制庁は原子力発電所の安全監視体制を強化するため、2014年度に職員を200人以上増やす方針だ。特に再稼働前の安全審査にあたる人員は2倍以上増やし、多くの原発を同時に審査できる体制をつくる。安全性が確認できて再稼働を認める原発と、建屋の直下に活断層があるなど危険な原発の選別を速やかに進める。

現在の規制庁の定員は527人で、5割の増員を総務省に求める。7月8日...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り886文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン