/

この記事は会員限定です

電力削減目標下げ、産業界の負担に配慮 経産省

「25%」前提変わり混乱も

[有料会員限定]

経済産業省は今夏の電力不足対策として掲げた瞬間最大使用電力の削減目標を引き下げる。新たな削減幅は一律15%とする方向。工場など大口需要家の下げ幅が大きく、負担の重い産業界に一定の配慮をした形だ。ただ目標下げの根拠となる東京電力の電力供給力の上積みは東電の「言い値」で、精査は十分ではない。油断や混乱が生じるおそれもあり、電力需給対策は綱渡りが続く。

近く電力需給緊急対策本部を開き、新たな削減目標を盛...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り778文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン