/

この記事は会員限定です

長期金利、なお上昇圧力 市場、日銀総裁の発言注視

[有料会員限定]

長期金利への上昇圧力が続いている。満期までの期間が10年を超す国債利回りは21日、約3カ月ぶりの高さを付けた。大規模な金融緩和による債券相場の乱高下で、積極的な買いが手控えられるのが要因だ。市場は22日の金融政策決定会合後の記者会見で、黒田東彦総裁が現状をどう評価するのか注目している。

「予想通りの弱い結果だな」。財務省が21日に実施した40年物国債の入札結果が昼すぎに伝わると、証券会社の債券...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り911文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン