2019年6月26日(水)

公的年金、モノ言う株主へ 運用成績の改善狙う

2014/5/22付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が「モノ言う株主」に一歩近づく。これまで委託先の運用会社に任せていた投資先企業の株主総会での議決権行使について、新たに指針をつくる。運用会社は今後、この指針に沿って賛否を判断する。GPIFは株式の運用を増やす見通しで、投資先への関与を強めて運用成績の改善を目指す。

GPIFが月内に開く運用委員会で、政府がまとめた「日本版スチュワードシッ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報