与党、「自公維み」路線探る 秘密保護法案の修正テコに

2013/11/22 1:02
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

自民、公明両党が重要政策を円滑に実現するため、野党の日本維新の会とみんなの党を取り込む構図が鮮明になってきた。焦点の特定秘密保護法案では、維新、みんなと個別に協議し、法案の根幹は変えずにそれぞれ修正合意を引き出した。今後課題になる集団的自衛権の見直しや憲法改正など安倍政権の重要政策でも「自公維み」の枠組みがカギを握ることになりそうだ。

■みんな、2日で合意

「みんなの党は今は賛成してくれているので…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]