自公、ネット選挙で与党案を提出へ 全党共同提出を断念

2013/2/22付
保存
共有
印刷
その他

自民、公明両党は21日、インターネットを使った選挙運動を解禁する公職選挙法などの関連法の与党案を今国会に提出する方針を固めた。全党共同提出を目指していたが、電子メールを送信できる対象をめぐって民主、みんな両党との調整が平行線をたどっているため、合意は難しいと判断した。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]