2019年1月24日(木)

新卒者体験雇用、期間3カ月に延長 厚労省

2010/5/21付
保存
共有
印刷
その他

長妻昭厚生労働相は21日、3月末までに就職が決まらず学校を卒業した人を支援する「新卒者体験雇用事業」を拡充すると発表した。企業が新卒者を試験的に雇用する期間を従来の1カ月から3カ月に延長する。企業への報奨金は8万円から最大16万円に増やす。6月7日から実施する。

同事業の利用者は3月下旬から5月16日までで計330人にとどまっている。体験雇用を通じて企業と新卒者の相互理解を深め正規雇用につなげる狙いだが、双方から「期間1カ月では短い」などの不満が出ていた。

拡充後は体験雇用後に正社員として雇う前提で、最初の1カ月間は8万円、その後の2カ月は4万円ずつを事業主に支給する。新卒者はハローワークを通じて事業主を探す。厚労相は「雇用環境は依然として大変厳しい。あらゆる就業支援策をフル動員して対応する」としている。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報