/

外務審議官に長嶺氏起用へ アジア大洋州局長に伊原氏

岸田文雄外相は21日、鶴岡公二外務審議官(経済担当)の後任に長嶺安政オランダ大使を充てる意向を固めた。鶴岡氏は内閣官房に出向し、兼任していた環太平洋経済連携協定(TPP)対策本部首席交渉官に専念する。

外務審議官(政務担当)になる杉山晋輔アジア大洋州局長の後任に伊原純一北米局長、北米局長に冨田浩司米国特命全権公使を起用する。儀典長に広木重之ニューヨーク総領事、外務報道官に佐藤地総括担当審議官を充てる。退任する河相周夫外務次官は外務省顧問に就く。7月22日付の鶴岡、長嶺両氏をのぞき、6月28日付で発令する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン