2017年11月25日(土)

1年以上失業121万人、「非正規」は34% 労働力調査

2011/2/21付
保存
共有
印刷
その他

 総務省が21日発表した2010年の労働力調査(詳細集計)によると、失業期間が1年以上にのぼる完全失業者は121万人となり、前年に比べて26万人増えた。比較可能な02年以降で最多となる。雇用者のうちアルバイトや派遣などの非正規が占める割合も34.3%と前年に比べ0.6ポイント上昇した。景気は持ち直しの動きをみせているが雇用への波及はなお鈍い。

 1年以上失業状態にある人を年齢別にみると、25~34歳が32万人と前年に比べて6万人増えているほか、55歳以上も30万人と同7万人増えた。若年層と高齢者で仕事に就けない人が労働市場に長期間滞留している。

 企業から雇われた雇用者(役員除く)は5111万人と前年に比べ9万人増えた。そのうちパート、アルバイト、派遣・契約社員など非正規雇用にある人は1755万人と34万人増え、2年ぶりに増加に転じた。正社員は3355万人と3年連続で前年を下回った。

 非正規社員を雇用形態別にみると、パート・アルバイトは1192万人と前年に比べ39万人増えた。一方で派遣社員は12万人減の96万人。15~34歳の若年層のうち「パート・アルバイト及びその希望者(いわゆるフリーター)」は183万人で、前年から5万人増えた。2年連続の増加で、若者がなかなか正社員になれない状況だ。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワードで検索

アルバイト非正規詳細集計失業労働力調査失業者高齢者雇用



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報