/

高速増殖炉実験炉「常陽」、15年度に運転再開方針

日本原子力研究開発機構は21日の文部科学省作業部会で、トラブルで2007年から停止している高速増殖炉実験炉「常陽」(茨城県大洗町)の運転を15年度に再開する考えを示した。放射性廃棄物の量を減らす減容化研究で照射試験などを実施する。常陽は発電機能を持たない小出力の実験炉で、07年に燃料交換機能を失うトラブルが起きた。復旧作業は14年度中に終える計画だ。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン