/

この記事は会員限定です

1日1万歩を歩く街へ 「足で稼がぬ記者」が体験

ヘルスノミクス(6)

[有料会員限定]

新潟県の中央に位置し、周囲を山に囲まれた人口4万人の街、見附市。ここで高齢化が進む日本にとって手本となる「健康政策」が進んでいる。

8月上旬の午後、見附市の健康運動教室を訪れると、ずらり並んだ運動器具で中高年らが汗をかいていた。市内で自営業を営む女性(66)は「最近膝が痛くなってね。何とか歩ける体を維持しないと……」と語りながら、懸命に自転車型トレーニングマシンをこいでいた。

同市は筑波大学の久野...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り564文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン