/

この記事は会員限定です

加藤の乱 「青木幹事長」打診でつまずく

加藤紘一氏を語る(下)

わが体験的政界論 山崎拓氏編

[有料会員限定]

――2000年4月に小渕恵三首相が倒れ、後継首相に森喜朗氏が就きました。

森さんを小渕後継に選んだ(森氏、青木幹雄官房長官、野中広務自民党幹事長代理、亀井静香同党政調会長、村上正邦同党参院議員会長の)5人組の「密室会談」に、僕と加藤は呼ばれなかった。それだけ、小渕政権を支えた人たちの覚えが悪かったということです。

加藤は2000年6月の衆院選で自民党が大敗して以来「密室で選ばれた森政権は永らえるべ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2352文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン