/

敦賀原発、活断層の認定変わらず 規制委が有識者会合

原子力規制委員会は21日、日本原子力発電の敦賀原発2号機(福井県)の真下などにある断層が活断層かどうか議論する有識者会合を開いた。日本原電は追加データをもとに「活断層ではない」と改めて主張したが、規制委側の有識者からは「楽観的すぎる」などと否定的な発言が相次いだ。

規制委は昨年5月、この断層を「活断層」と認定する評価書をまとめている。日本原電の反論を踏まえ、規制委は次回の会合で評価書を修正する必要があるかどうか議論するが、活断層という認定は覆らない見込みだ。

同日の会合では日本原電が、自社の見解を支持する専門家2人も会合に出席させて議論に加えるよう要求。規制委側が拒否し、議論が一時中断する一幕もあった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン