1人当たり医療費 国保、企業健保の最大1.7倍

2010/7/22付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

自営業者や無職の人が加入する国民健康保険(国保)の1人当たり医療費が、大企業の健康保険組合に比べて高いことが厚生労働省の実態調査で明らかになった。とくに40~44歳では、国保加入者の1人当たり医療費は健保の約1.7倍となった。健康診断の受診率の差などが医療費に影響を与えているようだ。

厚労省が2008年度の医療費をもとに調査をまとめた。40~44歳の国保加入者の医療費は年間で16万6286円と、…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]