2019年1月16日(水)

6月の貿易収支、3カ月ぶり黒字 自動車の輸出回復

2011/7/21付
保存
共有
印刷
その他

財務省が21日発表した6月の貿易統計速報(通関ベース)によると、輸出額から輸入額を差し引いた貿易収支は707億円の黒字となった。東日本大震災の影響で4月以降は貿易収支の赤字が続いており、黒字は3カ月ぶり。部品不足の解消から自動車などの輸出のマイナス幅が縮小した。ただ、夏場の電力不足や海外経済の変調が輸出動向に影響を与える可能性があり、黒字基調が定着するかどうかは微妙だ。

2011年6月の貿易統計
輸 出 額輸 入 額貿易収支
総 額57,759
(▲1.6)
57,052
(9.8)
707
(▲89.5)
米 国8,594
(▲6.1)
5,123
(▲4.7)
3,472
(▲8.1)
E U6,600
(8.0)
5,400
(3.6)
1,200
(33.3)
アジア32,443
(▲1.7)
25,704
(8.7)
6,739
(▲28.0)
中 国11,143
(1.2)
12,119
(5.5)
▲976
(-)

単位億円、カッコ内は前年同月比増減率%、▲は減少または赤字、アジアには中国を含む

6月の輸出額は5兆7759億円となり、前年同月比1.6%減少した。なお前年割れが続くが、5月の10.3%減からマイナス幅は縮小した。季節調整済みの前月比は5.4%増となり、財務省は「持ち直しの動きがみられる」とした。

輸出額のマイナス幅が縮まったのは、自動車の生産回復が進んでいるため。部品メーカーの供給復旧に伴い、トヨタ自動車など自動車大手では生産がほぼ正常化している。自動車の輸出額は4月に前年同月比67.0%減に落ち込んだが、6月は12.5%減に持ち直した。

貿易黒字は3カ月ぶり(テレビ東京)

貿易黒字は3カ月ぶり(テレビ東京)

米中向けの工作機械が堅調な金属加工機械は40.8%増えた。地域別では、中国向けが1.2%増と3カ月ぶりにプラスに転じた。米国向けも減少幅を縮めた。半導体など電子部品や鉄鋼は世界経済の減速で、回復が遅れている。

輸入額は5兆7052億円で、9.8%増だった。原子力発電所の運転停止などの影響で、火力発電用の液化天然ガス(LNG)需要が増加したため。季節調整済み前月比では0.5%増と小幅な増加にとどまった。

財務省が21日発表した2011年1~6月の輸出額は32兆1131億円となり、前年同期比3.0%減少した。減少は3期ぶりで、大震災以降の輸出急減が響いた。貿易収支は8955億円の赤字で、4期ぶりの赤字に転落した。石油危機で原油などの輸入額が膨らんだ1980年1~6月(2兆6217億円)以来の赤字幅となった。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト