/

原発の新規制基準、7月8日施行を閣議決定

政府は21日、原子力発電所に厳しい災害・テロ対策などを義務づけた新規制基準の施行日を7月8日とする政令を閣議決定した。同日から電力会社による再稼働申請を受け付ける。九州電力など4社が、施行後速やかに6原発の再稼働を申請する方針を表明している。

また運転開始から40年がたった原発について、条件付きで一度に限り認める運転の延長期間を最長20年とすることも同時に決定した。

新規制基準は、昨年9月の原子力規制委員会の発足から10カ月以内に施行することが法律で定められており、期限は7月18日だった。準備が順調に進んだため、前倒しで施行する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン