日本とミャンマー、経済法整備で協議機関 22日にも調印

2013/8/21付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

政府はミャンマーで経済関係の法制度づくりを支援するため、現地に両国の法曹関係者らによる協議機関を設ける。22日にも国際協力機構(JICA)とミャンマーの最高裁長官、法相が今後3年間にわたる法整備支援事業の合意文書に調印する。商取引に関する法案の起草支援や法曹人材の育成を本格化する。

協議機関はJICAとミャンマー関係省庁の幹部職員で構成する「合同調整委員会」。ミャンマーの法整備や商取引の実情を踏…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]