/

この記事は会員限定です

消費増税、異論が過半 民主党内議論が始動

[有料会員限定]

民主党は20日、社会保障と税の一体改革の素案とりまとめに向け、消費増税を巡る党内論議を始めた。同日の会合では「引き上げ時期を決めるべきでない」などの反対・慎重論が半数を超え、行財政改革や景気への配慮を求める意見がでた。増税に反対する小沢一郎元代表の支持議員が主導した勉強会の初会合には中間派も参加しており、執行部が目指す年内決着は視界不良だ。

政府・与党が年内をめどとする素案とりまとめの民主党側の舞...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り705文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン