米、TPP協議で車関税撤廃に反発 日本は期限明示要求

2013/11/21付
情報元
日本経済新聞 電子版
共有
保存
その他

 環太平洋経済連携協定(TPP)交渉と並行して20日に始まった4回目の日米間の協議で、米国が日本車の輸入関税の撤廃に強く反発している。10年超20年未満の期間をかけて関税をなくす案を示しつつも、米国の自動車メーカーと日本政府が規制を巡り紛争処理している間は撤廃期間に含めないように提案。事実上の「無期限」を要求している。日本政府は撤廃期限の明示を求める。

 日米協議は22日まで3日間。米国はこれまでの…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ

関連キーワードで検索

TPP自動車メーカーTPP協議

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 2:00
2:00
東北 2:00
2:00
関東 2:00
2:00
東京 2:00
2:00
信越 1:00
1:00
東海 2:00
2:00
北陸 2:00
1:30
関西 2:00
2:00
中国 2:00
2:00
四国 2:00
2:00
九州
沖縄
2:00
1:59

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報