/

自衛隊、福島第1原発周辺に戦車2両 がれき撤去へ

災害地に初の投入

(更新)

防衛省統合幕僚監部は20日、福島第1原子力発電所の周辺のがれきなどを撤去するため、陸上自衛隊の74式戦車2両を現地に派遣したと明らかにした。災害現場への戦車投入は初めて。防衛省は「放射線の放出の懸念がある中、陸自の戦車を有効活用できればいい」(幹部)としている。

陸自の74式戦車は20日午後、静岡県の陸自駒門駐屯地から出発。21日午前にも福島県広野町の民間施設に到着する予定だ。統幕によると、74式戦車にはブルドーザーの前面に取り付けてある排土板を装着できるため、がれきの撤去に役立つという。

放射能への対応について、防衛省幹部は「74式は放射線をかなり遮ることができる性能を持つ。ただ遮断レベルは機密事項にあたるので明かせない」と説明している。

陸上幕僚監部によると、長崎県の雲仙普賢岳での噴火災害の際にも、戦車を派遣することを検討したが、「駐屯地で待機し、実際には使われなかった」という。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン