2019年1月24日(木)

自衛隊、福島第1原発周辺に戦車2両 がれき撤去へ
災害地に初の投入

2011/3/21付
保存
共有
印刷
その他

防衛省統合幕僚監部は20日、福島第1原子力発電所の周辺のがれきなどを撤去するため、陸上自衛隊の74式戦車2両を現地に派遣したと明らかにした。災害現場への戦車投入は初めて。防衛省は「放射線の放出の懸念がある中、陸自の戦車を有効活用できればいい」(幹部)としている。

陸上自衛隊朝霞駐屯地に運び込まれる74式戦車(20日夜、埼玉県朝霞市)=共同

陸上自衛隊朝霞駐屯地に運び込まれる74式戦車(20日夜、埼玉県朝霞市)=共同

陸自の74式戦車は20日午後、静岡県の陸自駒門駐屯地から出発。21日午前にも福島県広野町の民間施設に到着する予定だ。統幕によると、74式戦車にはブルドーザーの前面に取り付けてある排土板を装着できるため、がれきの撤去に役立つという。

放射能への対応について、防衛省幹部は「74式は放射線をかなり遮ることができる性能を持つ。ただ遮断レベルは機密事項にあたるので明かせない」と説明している。

陸上幕僚監部によると、長崎県の雲仙普賢岳での噴火災害の際にも、戦車を派遣することを検討したが、「駐屯地で待機し、実際には使われなかった」という。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報