地震保険の支払い、1兆円規模に 過去最大
東日本大震災、政府は特会取り崩し対応

2011/3/21付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東日本大震災で住宅などが損壊した個人に支払われる地震保険について、損害保険業界が1兆円規模を見込んでいることが明らかになった。阪神大震災時の約800億円を上回って過去最大になる。地震保険は支払総額が1150億円を超えると政府が一部を負担する仕組みで、損保各社の負担額は5000億~6000億円となる。政府と損保業界は合わせて約2兆3000億円を積み立てており、政府は地震再保険特別会計を取り崩して対…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]