TPPに負けない ニッポン農業が探る商機 緒方大助氏と山田俊男氏に聞く
創論

(1/2ページ)
2013/3/24 3:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他
 安倍晋三政権が農業界の反対を押し切り、環太平洋経済連携協定(TPP)の交渉参加に動き出した。TPPに入ったら農業はどんな影響を受けるのか。どうしたら農業はもっと強くなれるのか。有機農産物を販売する「らでぃっしゅぼーや」の緒方大助社長と、全国農業協同組合中央会(JA全中)の元専務理事、山田俊男参院議員に聞いた。

■「品質高め外需取り込む」 緒方大助・らでぃっしゅぼーや社長

――2600戸の農家と取引…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

TPPと日本の農業を読み解く

「TPPを知る」まとめ読み

今週の「創論・時論」テーマは核の脅威


関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]