子ども手当や高速無料化の公約見直し 岡田幹事長

2011/2/20付
保存
共有
印刷
その他

民主党の岡田克也幹事長は三重県伊勢市内での講演で、同党が近く着手する2009年衆院選マニフェスト(政権公約)の見直しに関し、子ども手当や高速道路の原則無料化などが対象になるとの認識を明らかにした。子ども手当では、2万6千円の満額支給方針を断念する代わりに、保育所整備などの「現物給付」を手厚くする考えを示した。

党内にマニフェスト見直しを理由に菅直人首相を批判する声があることには「できないことをできるできると言い張るのは有権者に対して正直ではない」と反論。「できないなら『こういう理由でできない』とおわびし、『こう変えさせて下さい』と説明することが政党の責任だ」と述べた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]