首相「消費増税、食品などは軽減」
低所得者に配慮も

2010/6/21付
保存
共有
印刷
その他

菅直人首相は20日、横浜市内で街頭演説し、消費税率を引き上げる場合、食料品など生活必需品を念頭に軽減税率を適用するほか、低所得者向けに減税と現金給付を組み合わせた「給付付き税額控除」を導入する考えを表明した。

首相は「消費税は低所得者層ほど負担が増す逆進性が強い」と指摘。そのうえで「逆進性をなくすには軽減税率とか、税の還付といったことを当然しっかりやることを前提として、野党の皆さんと大いに議論し…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]