/

公明との選挙協力、大阪府市議会での協力条件 松井知事

次期衆院選に向けた地域政党「大阪維新の会」と公明党との選挙協力について、維新の会幹事長の松井一郎大阪府知事は20日、記者団に対し「大阪府議会、大阪市議会で議論をしたうえで、同じ方向へ進んでいけるかどうか見極めさせていただきたい」と述べた。

府、市それぞれの2月の定例議会では、維新の会が成立を目指す教育と職員関連の2条例案に加え、大阪都構想の協議会設置条例案が審議される見通し。松井知事は選挙協力の前提として、これらの条例案への公明党の賛成が必要とした。松井知事は「価値観を一緒に持たないと一緒に戦えない」と指摘した。

17日夜に公明党幹部と会談した維新の会代表の橋下徹大阪市長も20日、記者団に「(公明側に)はっきりとしたことは言っていない」としながらも、「議論を積み重ね、コンセンサスを取っていく」と話した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン