/

この記事は会員限定です

パラグアイ幹線道路整備に円借款180億円 首脳会談で合意へ

[有料会員限定]

政府は日本企業の進出が進む南米パラグアイのインフラ整備を支援する。総額約180億円の円借款を供与し、2020年までに総延長約150キロメートルの幹線道路を整備。水道施設向けに無償資金協力を実施する。企業立地の環境を整える。

24日に国際協力機構(JICA)の田中明彦理事長とロハス蔵相が円借款の貸付契約に調印。来日するパラグアイのカルテス大統領が25日に安倍晋三首相と会談し、正式合意する。

円借款...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り294文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン