「測量船中止要求は問題」 官房長官

2012/2/20付
保存
共有
印刷
その他

藤村修官房長官は20日午前の記者会見で、沖縄県・久米島近くの日本の排他的経済水域(EEZ)で海上保安庁の測量船が中国から調査中止を要求されたことについて、外交ルートを通じて中国側に受け入れられないと回答したことを明らかにした。「我々の正常な海洋調査活動に対する中止の要求は問題だ」と語った。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]