/

監視委、明治機械に課徴金勧告

証券取引等監視委員会は19日、有価証券報告書などに虚偽記載をしたとして、食品製造プラント大手の明治機械に8271万円の課徴金を科すよう金融庁に勧告した。

監視委によると、同社の子会社が架空の売り上げを計上するなど不適正な会計処理があった。

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン