/

この記事は会員限定です

福島第1の汚染土、中間貯蔵に国費1.1兆円 最長30年かけ負担

[有料会員限定]

政府は東京電力福島第1原子力発電所周辺の放射線量を下げる除染などで東電の負担を軽くするため、総額1.1兆円を30年以内で払う。まず2014年度に約350億円を除染で出た土の中間貯蔵施設の建設・運営費に充てる。財源は電気料金にかかる電源開発促進税(電促税)とする。電気料金の上昇を防ぐため増税はしない。

20日の原子力災害対策本部(本部長・安倍晋三首相)で示す福島復興の指針に盛り込み、閣議決定する。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り844文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン