/

この記事は会員限定です

軽減税率、時期など詰め 自民税調が1月下旬に税制大綱

[有料会員限定]

自民党税制調査会(野田毅会長)は19日、党本部で非公式の幹部会を開き、2013年度税制改正大綱の議論を始めた。民主党政権で税制改正を主導した政府税制調査会は大幅に組織を見直し、自民税調を中心に来月下旬までに大綱を決める。14年4月の消費増税に向け、低所得層に配慮した軽減税率の導入時期など詰めの議論に入る。

民主党から自民・公明両党への政権交代で、税制改正論議は与党主導の方式に大きく変わる。野田会長...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り958文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン